月次アーカイブ: 4月 2017

WBCが開幕をして、連日テレビでも放送されています。

あまり興味がなかったのですが、ニュースを見て驚いたことがありました。

それはある試合で打球が客席に入るかどうか、というところでその周辺にいた子どもがボールをキャッチしてしまったというのです。

試合の行方を左右することなので、ホームランと認定されないのであればボールを取ってはいけないんじゃないかなと思いました。

子どもが身を乗り出してキャッチしてしまったということなので、これは本来であれば大問題になると思うです。

しかもそれが1点に繋がる状況であれば、問題はさらに大きくなったと思います。

もしも1点差で試合に負けてしまうようなことがあったら、この子どもにも親にも責任は降りかかって来るんじゃないかな、と思います。

自分からグローブを持っていくのではなく、恐らく親や同行者がボールが来たら取れる席かもしれないよ、と言ったんだと思います。

周りの人たちも注意をするべきことだったんじゃないかなと思います。

自分が国際試合のボールが欲しいから、という理由で取ったのであれば、これは罪深いことだと思います。

この子どもが大人になった時に何でも自分の思い通りに出来ると勘違いしてしまうかもしれない、と思うと怖いです。

私には高校時代からの親友がいます。今日、1年ぶりに親友と再会することができました。親友と私はお互い別々の大学に行っているので、会えずにいたのですが、親友と駅で偶然再会することができて、嬉しくて涙がでました。彼女と私は、お互いパニック障害という病気をもっています。
高校生の頃は、電車に乗るのが怖かったので、よく親友と手をつないで、一緒に電車に乗っていました。辛いときや悲しいときや嬉しいときも、そばにいてくれた親友なので、これからも一生大切にしたいなと思いました。久しぶりに会うと、お互い照れくさくて、緊張していたけど、高校時代にタイムスリップしたみたいで楽しかったです。結婚式には親友を一番に招待したいと思います。