私は滅多にお菓子って食べないのですが、最近、チョコパイにはまりました。ふと、甘いものが食べたくなってスーパーのエンドコーナーにたまたまあったチョコパイを買ったのですが、それがものすごくおいしくてリピートして買ってます。疲れたなとか、落ち込んでる時にチョコパイがあると元気になれませんか。私は学生時代からたまに食べたくなります。
大人になってからは嗜好が変わったのか、甘いものはあまり食べなくなりました。ケーキとかクッキーとかって本当に一年に一回食べるか食べないかくらいです。ストレスを感じたら甘いものを食べると少しは緩和されるようです。何気ない日常にちょっとした幸せをもたらしてくれる不思議なお菓子がチョコパイです。

この頃の節約や出納関係を見つめ直すと、医療費や薬品関係の出費をもう少し手厚くしようという作戦が自ずと生まれてきました。確定申告のときに医療費控除手続きという仕組みが存在するだけのことはあり、医療費ほど不経済はありません。ケガ病気をしないに越したことはないのは重々にして分かっているものの、そこは誰しも病気知らずのスーパーマンではない生身の人間のことです。保険も必要であり、いつどこでどういう不慮のアクシデントに見舞われるかは分かりません。

だからこそ備えあればということで先手で各種保険に入る傍ら、いつ不慮出費が出てもそのたびに家計が喘がなくて済むよう、医療費のことで経済的に打撃を食らってしまうことがあったとしてもその負担がなるべく少なく済むように、医療貯金も始めています。

この医療費と並行して意外と経済的に出費を食ってしまっているのが、市販薬代でもあります。年がら年中使うものではありませんが、保険のようにないと困る存在なので常備薬としての一定量のストックも欠かせません。なのでこれまで日用品という括りで出費していたところを市販薬はまた別枠として資金を用意し、そこから家計のやり繰りをしていく方向へシフトしています。

さらにこれと併せ、毎月の予備費もできる範囲でいつもより上乗せして備えるようになりました。お給料なども旗日が多かったりやむを得ない事情で欠勤を余儀なくされたりすると、どうしても当然その分、その月のお給料は少なくなります。不慮出費も兼ね、いつもより薄いところに充てるためのものでもあるのがこの予備費というわけです。

反省は生かし、いいところはそのまま保つようにしながら知恵を使い、今後も賢く家計経理をやっていきたいと思います。

それでも突発的な出費はあるから、、、

カードローン会社の無利息キャンペーンを利用すること
http://undercovernun.net/murisoku.html

うちの息子はラグビーをやっているのですが、もういろいろ大変です。

まず怪我が多い。

タックルで鎖骨を折ってくるし、前歯も真っ二つに割って帰ってくるし、まぶたの下は基本的にいつも切れているし、かなり心配です。

同じ部活の何とか君が怪我をして入院した、なんて話もお母さんライングループで入ってくるので心配していますが、子供たちは割と元気にやっていて、試合にもちゃんと出ています。

それから勉強、もうそろそろ入試の準備が始まるのにあんなにラグビーをやっていて大丈夫だろうかと、これもまた心配になります。

同じ部活の子の何人かはスポーツ推薦で進学する、なんて話も聞きますが、うちの子はそんなにできるわけでもないし…

でも子供のうちに何かに打ち込む経験はさせてあげたいので今はラグビーを応援してあげようかと思っています。

わたしは小さいころ、母の影響でルパン三世のアニメをよく見ていました。そのせいか、わたしの初恋の相手はルパン三世です。正確に言えば、『ルパン三世 Secondシーズン』のルパン三世。あのサルっぽい顔、不二子ちゃんにデレデレなところ、なのにいちいちカッコいい!たまらなく好きでした。

そんな大好きだったルパン三世のアニメをたまたまレンタルショップで見つけ、ある分を全部レンタル。そしてその次の日から子供が学校に行ったと同時に再生し、一日中家事や仕事をしながらずーっと見ていました。あのカッコいいルパンがわたしの目の前に!(当たり前だけど…)初恋の相手、ルパン三世は15年以上たった今でもやっぱり本当に大好きで、見入ってしまいました。見れば見るほど好きさが増して、再びルパン三世に恋をしてしまいました。

「奴はとんでもないものを盗んでいきました。」

「…えっ?」

「…あなたの心です」

「はい!」

なんてことを一人でやってニヤニヤしている今日この頃です。

私にはもうすぐ5ヶ月になる息子がいるのですが

ものすごく寝ます。びっくりするぐらい寝ます。

どれぐらい寝るかと言いますと

8時起床、寝起きは良くマスターした寝返りをしたりおもちゃで1時間ほど遊びます。

しばらくするとグズグズしだすのでおっぱいをあげます。すると飲んでる間に寝てしまいます。

そこから二度寝の始まりです。

無理に起こさず起きてくるまで家事をしたりのんびりしておこうと思っていると

軽く12時まで寝ます。

起きたらお腹が空いているのでおっぱいをしっかり飲みます。

その後大体はまた寝返りをしたりお喋りしたりして遊びますがすごい時はこの時も飲んでる間に寝てしまいます。

2時ぐらいにまたグズグズするのでオムツかな?とオムツを替えてもグズグズ。

まさかと思いおっぱいを飲ませるとゴクゴク飲んでまた寝ます。

夕寝の始まりです。

育児本などにも夜寝れなくなるから4時までには起こしましょうとあるので

起こそうかなとは思うのですがスヤスヤ気持ちよさそうに寝てるので起こせず

またも起きてくるまで待ちます。

すると6時前ぐらいまで寝ます。

さすがにまずいと思って起こしますが本人は寝ぼけ眼。まだ眠そう。

そこからお風呂に入れおっぱいを飲ませると

また目がうつろに!

さすがにここで寝るのはと思いながらも主人が帰宅し夕飯などをしていると

また寝てる。おーい。起こしても起きません。

夕食を終えてテレビを見てくつろいでいると起きて主人と遊びます。

豪快な遊びできゃっきゃきゃっきゃするからでしょうか

あれだけ寝たのに9時には就寝。

そして夜中は1回しか起きません。

こんなに寝てて大丈夫なのか心配になり4ヶ月検診の時に先生に相談しました。

どれぐらい寝るのか聞かれたので答えると先生も笑ってました。

そして「寝かせたいだけ寝かせてあげて大丈夫ですよ。順調に成長してくれてますし、寝る子は育つって言いますからね。」と言ってくださいました。

現在4ヶ月と2週間。

体重8キロ、身長70センチ。

うん。寝る子は育つ。

もっともっと大きくなぁれ。